News

お鍋の選び方 素材別(銅・アルミニウム・鉄・ステンレス・ホーロー)メリット・デメリットを徹底比較 ~一生もののお鍋を選ぼう~

「1人暮らしにどんなお鍋がいいかな?」「お鍋の買替しようかな。」「IH対応の鍋が欲しいな。」なんて思いながらお鍋を調べ始めたら、素材やサイズ、形と種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからなくなりませんか?

たかが“鍋”、されど“鍋”。お料理は毎日のことだけに、気に入ったお鍋があると気分も上がるものです。

お料理の用途によって、向いているお鍋は違います。

例えば、「煮込み料理が多いです」なら、鋳物ホーローやステンレス鍋が、「ジャム作りに使いたい」場合は銅鍋が、「炒め物をおいしく作りたい」なら鉄フライパンがよかったり、

また、重要視している点によっても向き不向きがあります。

「とにかく重たいのは嫌!軽いお鍋」と言ったらアルミニウムのお鍋が、「カラフルでインスタ映えする鍋♪」だったらホーロー鍋が、「頑丈でちょっと雑に扱っても平気なのがいい!」ということならステンレス鍋がおすすめです。

ミヤコはステンレス鍋のメーカーですが、職業柄「お鍋」に関しての知識も豊富です。

今回は、お鍋の“素材”(銅・アルミニウム・鉄・ステンレス・ホーロー)に焦点を当て、メリット・デメリットを比較しながら素材ごとの特徴を解説しています。

そして、素材ごとに自社工場を構えしっかりとしたものづくりをしているメーカーさんもあわせてご紹介させていただきます♪

メリットデメリット

・熱伝導がよい
・抗菌効果がある
・値段が高い
・お手入れに手間がかかる
アルミニウム
・熱伝導がよい
・軽い
・腐食しやすい
・変形しやすい
・酸やアルカリに弱い

・熱伝導がよい
・油なじみが良い
・強火に強い
・サビやすい
・お手入れに手間がかかる
ステンレス
・保温力が高い
・サビにくい
・耐久性が高い
・熱伝導が悪い
鋳物ホーロー
・保温力が高い
・カラーが豊富
・重い
・衝撃に弱い
鋼板ホーロー
・軽い
・カラーが豊富
・衝撃に弱い
素材別メリット・デメリット早見表(写真撮影協力:燕三条地場産業センター物産館)

燕三条地場産センター物産館

燕三条製品を数多く展示販売している道の駅です。お鍋だけでなく、カトラリーや農具、はさみなども販売していますので、燕三条にお越しの際はぜひ寄ってみてください。

燕三条地場産センター物産館HP:https://www.tsjiba.or.jp/kankou/

では、素材ごとの特徴を見ていきましょう♪

【銅】

銅は、熱伝導率がアルミニウムや鉄よりも高く、ムラなく熱を伝えることができるお鍋でプロに愛好家が多いです。銅は高級素材のため、お鍋の価格も高く、お手入れを怠ると緑青(ろくしょう)※がでます。お手入れさえきちんと行えば、一生お付き合いできるお鍋です。

※銅が酸化して発生するサビ

[おすすめの銅鍋屋さん]

新光金属 株式会社http://www.copper100.com/

1959年創業の銅製品を製造するメーカーさんです。ミヤコと同じく新潟県燕市に工場があり、お鍋だけでなく湯たんぽや花器なども製造されています。心のこもった素敵な製品を製造されています!

【アルミニウム】

アルミニウムは、なんといっても軽いです。熱伝導も高いので、すぐにお湯も沸きます。メリットの裏返しで変形しやすく、熱が冷めるのも早いです。また、腐食しやすいのが難点です。ただ、アルミニウムのお鍋を使いこなせればこちらも一生ものです。個人的には、アルミニウムは初心者ではなく上級者向けのお鍋だと思います。

[おすすめのアルミニウム鍋屋さん]

 北陸アルミニウム 株式会社https://hokua.com/

1930年創業の歴史のあるメーカーさんです。鋳物の街 高岡(富山県)で安心、安全、信頼のものづくりをしています。

【鉄】

鉄は、銅、アルミニウムに次いで熱伝導の高い鍋です。油なじみが良く強火に強いので特にフライパンで活躍する素材です。さびやすく、扱いになれるまでに時間がかかるかもしれませんが、丈夫で傷にも強くお手入れ次第で永くご愛用いただけます。

[おすすめの鉄鍋屋さん]

サミット工業 株式会社https://tetsunaberyu.jp/

1919年に新潟県燕市で創業した鉄鍋メーカーさんです。鉄製のフライパン、中華鍋、両手鍋と幅広い用途で使用できるお鍋を製造しています。

【ステンレス】

ステンレスは、保温力が高く耐久性に優れています。難点は熱伝導が悪く、温まるのに時間がかかり、熱ムラが発生してしまうこと。さびにくく丈夫で、日々のお手入れも簡単なので、気を使わずに長くご愛用いただける素材です。

[おすすめのステンレス鍋屋]

株式会社 宮﨑製作所https://miyazaki-ss.co.jp/

1960年新潟県燕市に創業し、企画から金型製作、生産出荷まで一貫して行うステンレス鍋メーカーです。 (ここは自社を紹介させてください!)

【鋳物ホーロー】

鋳物ホーローは、お鍋の型に鉄やステンレスを流しいれて成型し、周りにガラス質の釉薬を塗って作られた鍋です。重たく、熱が伝わるのに時間がかかりますが、冷めにくく煮込み料理に適したお鍋です。衝撃に弱いので、ひびなどが入らないように使用すれば長く使える良いお鍋です。

[おすすめの鋳物ホーロー鍋屋さん]

リロンデルhttp://hirondelle.co.jp/

燕市でものづくりしているメーカーさんです。鉄製のものがほとんどの中、ステンレス製の鋳物ホーロー鍋を唯一製造しています。

【鋼板ホーロー】

鋼板ホーローは、鉄の板をプレス機で成形し、周りにガラス質の釉薬を塗って仕上げたお鍋です。軽く、カラーバリエーションが豊富で日常遣いに適したお鍋です。鋳物ホーローと同様、衝撃に弱いので丁寧に扱って長くご愛用ください。

[おすすめの鋼板ホーロー鍋屋さん]

野田琺瑯 株式会社https://www.nodahoro.com/

1934年創業の国内で唯一、製造の全工程を自社で行っている鋼板ホーローメーカーです。鍋だけでなくバットや小物も有名です。


ここからは、ミヤコの製品の特長をご紹介します♪

ミヤコはステンレス製のお鍋を作っていますが、そのほとんどがステンレスとアルミニウムまたは鉄を合体させて作った、多層鋼材を使用しています。多層鋼材は丈夫でサビにくく保温性に優れたステンレスと熱伝導の良いアルミニウムや鉄を併せ持つ素材です。

鍋の内側と外側にはステンレス、それにアルミニウムか鉄が挟まれいます。

ミヤコのお鍋は、

鍋を探している人におすすめです!

いかがでしたか?素材ごとによって特徴は様々です。よくするお料理や重要視しているポイントにあったお鍋を選んでみてくださいね♪

PREV

NEXT

pagetop