News

枝豆の茹で・蒸し・無水調理レポート

枝豆を茹で調理・蒸し調理・無水調理した時の味の違いや出来上がりまでの時間を比べてみました。

茹で調理

茹で時間:10分25秒(水を沸騰させ始めからの時間です。お湯が沸いたら枝豆を投入しました。)

味の感想:豆の身がギュッと詰まった感じになり、濃いめの緑色になりました。味はおいしいなじみの枝豆でした。

蒸し調理

蒸し時間:4分52秒

味の感想:豆の身がふっくらした感じで、噛んでいると甘みを感じました。色は茹で調理と似た感じの緑色になりました。

蒸し器の代わりに、オブジェのスチームプレート18cm用を入れて蒸しています。

無水調理

無水時間:4分10秒

330gの枝豆と50mlのお水で無水調理しました。

味の感想:枝豆が持っている味をすべてそのまま食べている感じ。色は一番鮮やか。ふっくら感は蒸し調理よりはない。

調理後の枝豆

実際のものをよーくみても、すごい違いは感じられませんでしたので、写真ですとよりわからないですよね、、、すみません。

5名の方に好みの枝豆を聞いたところ、茹で1票、蒸し2票、無水2票でした。これはもう好みですね。ただ、同じお豆でも調理方法によって味に変化が出たのは確かなので、各ご家庭で好みの調理方法が変わってくるかもしれませんね。今回は、栄養価の比較はできませんでしたが栄養価がどのくらい違ってくるのかも比較してみたいです。

PREV

NEXT

pagetop